デリケートゾーン用の石鹸の選び方、何を基準にすればいい?

デリケートゾーン用の石鹸の選び方、何を基準にすればいい?

 

デリケートゾーンの悩みを解決するためには、市販されているボディソープではなく専用の石鹸の使用が実に効果的です。

 

ドラッグストアや薬局などの実店舗では少ないものの、現在ではインターネット通販を中心に様々なメーカーから肌に優しい石鹸が登場しました。

 

  • 何を基準にすれば良いのか?
  • 選び方に目安はあるのか?
  • 自分の肌質に合う石鹸はどれなのか?

 

このような疑問を抱えている女性は、デリケートゾーン用の石鹸の選び方をチェックしておきましょう。

 

自分の悩みや求める効果に合わせる

 

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶに当たり、自分の悩みや求める効果に合わせるのが最も大事です。

 

求める効果に合う有効成分が配合されていなければ意味がなく、大まかな目安を挙げてみました。

 

臭いで悩んでいる⇒消臭効果や殺菌効果を持つ成分が入っている
かゆみで悩んでいる⇒肌の炎症を抑える成分が入っている
黒ずみで悩んでいる⇒メラニン色素を抑制する成分が入っている

 

上記のようにデリケートゾーンのトラブルは様々で、まずは自分が何で悩まされているのか明確にしなければなりません。

 

添加物を含まない無添加の製品

 

デリケートゾーンは皮膚が薄く刺激に弱いため、無添加かどうかは選び方で押さえておきたいポイントです。

 

  • 食品や化粧品に色をつける着色料
  • 細菌の増殖を抑制する保存料
  • 人工的な香りをつける香料

 

これらの人工的な添加物を使っておらず、植物エキス由来の天然石鹸であれば乾燥肌や敏感肌でも安心して使えます。

 

肌トラブルや肌荒れを対策する目的で専用の石鹸を使っているのにも関わらず、逆にかゆみが酷くなったりニキビができたりしては意味がありません。

 

有名な商品であれば間違いなく公式サイトが用意されていますし、「無添加」「オーガニック」「天然成分」という3つは特に着目すべきです。

 

コストパフォーマンスが良いかどうか

 

これはデリケートゾーン用の石鹸だけではなく他の化粧品や健康食品にも該当しますが、コストパフォーマンスが良いかどうかは選ぶ基準となります。

 

私たちは毎日お風呂に入っていますし、身体を洗う時に毎回使う形となるので長期間に渡って続けても金銭的な負担の少ない製品を購入しましょう。

 

 

  1. 配合されている成分は魅力的でも続けるのが難しいほど高い
  2. 1ヶ月〜2ヶ月で使用するのを諦めてしまう
  3. デリケートゾーンの悩みを解消できない

 

 

このように本来の目的を果たせなくなるので、成分の種類や添加物の有無に加えて価格もきちんとチェックしておいてください。