女性のデリケートゾーンのかゆみの原因とは?止まらない時の対策法

女性のデリケートゾーンのかゆみの原因とは?止まらない時の対策法

 

デリケートゾーンのかゆみで悩んでいる女性は多く、デリケートな問題だからこそ友人や家族に相談できずに一人で抱え込んでしまいます。

 

普段は全くかゆくないのにも関わらず、急に掻き毟りたいほどの衝動に駆られるケースは少なくありません。

 

そこで、以下ではデリケートゾーンのかゆみの原因についてまとめてみました。

 

  • 下着で覆われているので他の部分よりも蒸れやすく、高温多湿の状態になっている
  • 敏感肌やアレルギー体質で下着の化学繊維が自分の肌に合っていない
  • 今使っているナプキンの素材が引き金となってアレルギー症状を起こしている
  • 締め付け感のある下着やボトムによって患部の擦れや摩擦を引き起こしている
  • 毎日お風呂で使用している石鹸やボディソープが自分に合っていない
  • 性器カンジダ症や膣トリコモナス症などの性感染症を患っている
  • 精神的なストレスやホルモンバランスの乱れで身体の免疫力や肌の抵抗力が落ちている

 

一時的に汚れが溜まっているだけであれば、お風呂へと入って綺麗に洗って清潔な状態をキープすれば自然とかゆみはおさまっていきます。

 

しかし、アレルギーが原因の場合はアレルゲンとなる物質を見極めなければなりませんし、性感染症を患っていることもあるのです。

 

デリケートゾーンの皮膚はただでさえ刺激に弱く、かゆみから他の肌トラブルへと繋がる恐れもあるので注意した方が良いでしょう。

 

 

デリケートゾーンのかゆみが止まらない時の対策法は?

 

 

「かゆくて仕方がない」「ムズムズする」など、デリケートゾーンのかゆみが止まらない時にどのような対策を行えば良いのか幾つか挙げてみました。

 

  • 敏感肌でも使用できる低刺激の石鹸やボディソープを使って丁寧に陰部を洗う
  • トイレが終わった後はビデ(ウォシュレット)を使って洗う
  • シルクや綿100%など通気性が良く蒸れを回避できる下着を着用する
  • 生理の時はあまり汚れていなくても小まめにナプキンを取り替える
  • 薬局やドラッグストアでかゆみを抑える塗り薬を購入して塗布する

 

これらの中でも、デリケートゾーン専用の石鹸を使って清潔な状態を保つのがかゆみの簡単な対策です。

 

「洗う前にしっかりと泡立てる」⇒「たっぷりの泡で包み込むように洗う」⇒「洗浄成分が残らないように丁寧に洗い流す」というケアを行っていれば刺激が加わることはありません。

 

ただし、おりものがポロポロとしていたり皮膚がただれたりしている場合は性病の危険性もあり、自己判断で対処せずに医師の診察を受けてください。